読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住谷の西元

育毛と聞いて、頭をブラシでトントン叩くのをイメージする人は意外と多いのには驚きます。


叩くのですから、たしかに血行が良くなる(赤くなる)でしょう。でも、自己流でブラシでトントンしてしまうことを考えるとちょっと怖くなります。市販のブラシは力を逃がすことに配慮していません。



そんなもので叩けば薄毛にならないという保証はありますか。

む知ろ頭皮をいじめているのではないでしょうか。
腕や足を爪で掻いてもダメージはありませんが、頭皮の角質は簡単にとれます。

それくらい繊細で柔らかい場所を叩けば頭皮が傷つき、毛根を傷め、角質層が厚くなってフケが増えたり健康な髪が生えなくなったりします。


血行促進にはヘッドスパやマッサージが有効ですが、ひっかいてしまわないように気をつけましょう。美容院での洗髪を想像して、指の腹だけでゆっくり行なうようにしましょう。


http://jozsdmhd5ge5l45hdnaw.hatenablog.com/
低周波というと肩こりの治療を連想する人が多いかも知れませんが、育毛にも有効です。育毛に特化した低周波治療器を使えば、血行がすこやかになりますし、毛穴からの老廃物の排出が促されるでしょう。でも、育毛効果を期待することがむずかしい低周波治療器も、ないとは言いきれませんから、買う場合には熟考の上、選んだ方がいいです。



育毛をはじめると、各種の説や宣伝に惑わされたりもしますが、血行促進と、それにつながる習慣について考えていくのがいいかも知れません。

血液の低栄養状態も良くないのですが、運動不足や過食などによって血行が滞りがちになると、髪の生育を維持していくための栄養素や、発毛させるための物質が毛根に運ばれず、老廃物がたまりやすくなります。
たまった老廃物(角質や皮脂)は活性酸素と結びついて肌を老化させたり、細菌感染などの原因になることもあります。

血液がサラサラの状態を保つのは、とても大事なことなんです。できるだけスムーズに代謝が行なわれるよう、常に血行が良い状態を保つようにしましょう。飲み過ぎや食べ過ぎを控えることはもちろんですが、喫煙者の方は吸わない時間を増やすようにして下さい。



筋トレよりは早歩きや柔軟運動などのほうが継続できるのでお勧めです。マイナス習慣をやめプラスの習慣を増やすことで、すごくの血行改善が見込めるので、小さなことでも毎日の中に取り込むようにして下さい。


体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)を日常的に測っている男性は少ないでしょう。
でも、体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)と育毛は密接な関係があるので、ぜひ関心をもっていただきたいと思います。体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)が低いと風邪をひきやすいことでもわかるように、免疫力が低下します。

37度で発熱を感じたことはありませんか。

動物にはそれぞれ適温というのがあるので、たかだか0.5度ちがうだけでも、体には大きな影響が出てくるのです。日常の体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)が下がると、体全体の代謝機能が悪くなります。


頭皮の温度も下がるので、老廃物もたまりがちになり、髪の育成にとってマイナスの要素が積み重なっていきます。ですから、平均体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)を底上げするのは大事なことです。
たまにサウナを利用することも良いですが、自宅で手軽に湯船に浸かるのもいいかも知れません。



冷えない体をつくることを心がけることが大切です。薄毛や抜け毛には、遺伝や男性ホルモンの影響のほか、複数の因子が関係していると考えられますが、ストレスは、その影響力も大きいため、無視できません。
適度なストレスの繰り返しは学習となり、人間を鍛えますが、過剰になると、筋肉の緊張や血行不順が生じ、免疫力が低下したり、自分の皮脂や表皮常在菌に対して過度に反応するアレルギーの状態になったりします。


忙しい時に眠らなくても大丈夫という人もいますが、実際には睡眠スイッチが正常にはたらかないため、眠れない(眠っても浅い)状態です。そみたいな状態では抜け毛が増え、発毛しても充分に生育するまでに時間がかかるので、育毛してもあまり効果が感じられないかも知れません。
ストレス体験を頭の中で反復するのは、次の対応に備えるためには大事ですが、頭の中がいつもそれだけにかかりきりにならないよう思考方法を変えてみたり、ストレスから気をそらす時間を設けることも大事です。自分に合ったストレス解消方法を見つけ、実践することが大いに助けになるでしょう。
最近、グリーンスムージーなども流行ってきていますが、果物の成分が、育毛に効果が期待できるといわれてきています。果物が豊富に蓄えているビタミンやミネラルなどの成分が、タンパク質をつくり、薄毛を解決することを手助けしてくれます。

果物を好んで食べると、薄毛対策に役立つでしょう。

ただし、消化されやすいという特徴を持つ果物なので、空腹での摂取が効率よい方法です。

育毛には、身近なところでcoffeeが役立つと言われています。しかし、あれは抜け毛の元だから絶対ダメという説もあります。

どちらが本当だと思いますか。coffeeには体全体の血流を良くする効果があります。


血液は栄養を届け、老廃物の排出を行なうため、育毛に役立つというのも納得です。



また、カフェインは髪の生成に関与するアデノシンという物質の分泌を阻害するというのです。
たしかにそれは事実です。
アデノシンは体の中で分泌され、毛母細胞に直接作用して発毛を促進し、成長期間を伸ばすので育毛剤にも利用されています。



実はこの物質、睡眠にも関与しており、朝からコツコツ生産され、就寝前にピークになります。ですから、寝る直前はもちろん、睡眠4?5時間前からは避けるようにして飲むべきでしょう。


沿うすれば、マイナス要因を創らず、プラスの効果だけを期待出来ます。最近、抜け毛が増えたなと感じたら、確実な方法でヘアケアを行ない、毛髪を育成することが大切なのです。ただし、自らが編み出した方法では毛髪や頭皮に負担となってしまう可能性があります。また、毎日の習慣を見直すことも絶対必要なことですから、毎日の小さな努力が大切と言えるでしょう。その上で、育毛剤等を使用すると、効果が現われやすいはずです。